こちらはツイッターまとめのNekoPaintの便利機能まとめから、検索などが使えるように改めて追加編集したものです。
お絵かきソフトでどんなことができるのかを知りたい方にも、参考にして頂ければと思います。
猫ペイントダウンロードサイト→ 最新テスト版(updateのみ)→ 無印  QT(Cute)
 
このサイトでは無印版を基準にしています。QT版にも対応しているかはアイコンを見てください。
| NekoPaintの各バージョンについて | 猫ペイント(無印)と、猫ペイントQT(Cute)の違い |

編集(14) 保存(9) 定規(3) 塗り潰し(4) ショートカット(12) ブラシ(23) レイヤー(23) 描画(15) 選択(13) 表示(ビュー)(7)
スポイト(3) 模様(3) ウィンドウ(11) スクリプト(7) 文字(4) 漫画(7) グラデーション(1) その他(12) 番外編(15)
key word   空白区切りで絞込みOK
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21   125 件

 アナログっぽい色合い 

ジッターHSVのランダムを利用するだけでもアナログっぽくなりますが、「ウィンドウ」→「パネル2」の、背景色補充も使うともっとアナログっぽくなります。
筆に付いた絵の具を落としきれてなくて、塗ってるうちにちょっと混ざったような感覚でしょうか。
それか絵の具が分離したあの感じ。
QT版は、「ブラシ 筆圧曲線」に背景色補充があります。
乗算を使ってみるのも面白いです。
講座サイトなど: http://koppe.iinaa.net/burasi.htm / http://nekop.seesaa.net/article/367856660.html
Tweet

 手ぶれ補正 

猫ペの補正設定は1つではありません。
他のソフトの補正が苦手な人でも、自分に合った補正が見つかるかもしれません。
デュアルモニタなどで、ペンの動きがおかしいときは、「タブレットの座標を使用する」のチェックの有無で直ることもあります。
チェックの付け外しをしてもまだ少しおかしいとき、PC再起動やペンタブドライバ入れ直し後、またチェックを弄ると直ることもあります。
講座サイトなど: http://nekop.seesaa.net/category/20382013-1.html / http://tablet-faq.wacom.co.jp/faq/show/114
Tweet

 ハーフトーン化スクリプト 

デフォルトにはありませんが、グレー画像をアミ点に変換できます。
いくつかスクリプトがありますので、リンク先でどんな違いがあるのか確認してください。
講座サイトなど: http://nekop.seesaa.net/article/319459401.html
Tweet

 描画ファイル以外からもスポイト 

スポイト設定をスクリーンにすると、デスクトップに表示されている物ならどこからでも色を取得できます。
キャンバス内でクリックしたまま、スポイトしたい場所まで動かしてください。
講座サイトなど: http://koppe.iinaa.net/tool.htm
Tweet

 アクティブレイヤーの色だけスポイト 

スポイトの設定で「アクティブレイヤー」を選んでいると、透明度を無視した色を拾ってくれます。
例えば、黒で塗ってるけどレイヤーの不透明度が下がってる場合は、灰色に見えます。
「すべてのレイヤー」だとその灰色がスポイトされますが、「アクティブレイヤー」だと黒がスポイトされます。

2016年5月 npaint_temp11b.zip から追加。
npconfig フォルダ内の npconfig.exe で「透明色をスポイト」にチェックを入れると、描画のない部分で透明色が選択できるようになりました。
猫ペイントを起動していないときに設定変更してください。
講座サイトなど: http://koppe.iinaa.net/tool.htm
Tweet

 七色変化のジッターHSV 

ブラシの混色設定『粗く』で、『混色』『ジッターH』『ジッターS』を適当に弄ると色の混ざりがおもしろい。
1枚目画像はR255の赤一色を一筆書きでぐしゃぐしゃしただけです。
講座サイトなど: http://koppe.iinaa.net/burasi.htm
Tweet

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

- 管理者: 猫使い -